筑後川昇開橋(大川)

筑後川昇開橋は、国指定重要文化財機械遺産認定されています!!

 

1935年旧国鉄佐賀線の鉄橋として筑後川河口に架設された

全長507mにもおよぶ東洋一の可動式鉄橋で、

筑後川をまたいで大川市と佐賀市諸富町をつないでいます。

現存する可動橋の中では全国で最古のもので、

平成15年5月30日に国の重要文化財に指定、

平成19年8月には日本機械学会の「機械遺産」としても認定されました。

筑後川の水位は干満差の大きい有明海に大きく影響されるため、

列車通過時には、高さ約30mの鉄塔から可動桁を下げ線路をつなぎ、

それ以外は船の往来のため可動橋を上げる構造になっていました。

1987年の佐賀線廃止に伴い、線路としての役目を終えましたが、

町のシンボルである昇開橋を残そうという地元住民の強い要望により、

1996年に遊歩道として復活。

現在も大川を代表する風景のひとつとして市民から親しまれています。

   

夜はライトアップされ、昼とは全然違ったロマンチックな雰囲気が楽しめます

 

8月に筑後川総合運動公園で開催される花火大会では、

昇開橋の光と花火の光のコラボレーションがとっても綺麗なんです

 

その他にも季節や天気、時間帯に合わせて色んな昇開橋を楽しんでいただけます。

  

 

大川に来た際には絶対訪れるべき観光スポットです!!

 

可動橋は、午前9時から午後4時まで1時間毎の30分間、
大川市と佐賀市諸富町をつなぎ歩いて渡ることができます。

 

<可動時間について>

降下時間
通行可能時間
上昇時間
9時
9時5分~9時35分
9時35分
10時
10時5分~10時35分
10時35分
11時
11時5分~11時35分
11時35分
12時
12時5分~12時35分
12時35分
13時
13時5分~13時35分
13時35分
14時
14時5分~14時35分
14時35分
15時
15時5分~15時35分
15時35分
16時
16時5分~16時35分
16時35分

※毎週月曜日は休業日となります。月曜日が祝祭日の時は、次の日が休業日となります。
※自転車・バイクなどでの通行は出来ません。また、ペット連れの通行はできません。

<場所・アクセスについて>

JR長崎本線をご利用の場合 : JR佐賀駅下車、佐賀市営バス「早津江行き」で25分

昇開橋バス停下車 徒歩5分

西鉄天神大牟田線をご利用の場合 : 西鉄梁川駅下車、佐賀駅行きバスで25分

大川橋バス停下車 徒歩10分

自家用車をご利用の場合:九州自動車道 みやま柳川ICより車で40分

長崎自動車道 東脊振ICより車で30分

 

<お問い合わせについて>

公益財団法人 筑後川昇開橋観光財団

〒831-0041 福岡県大川市大字小保614-6

TEL:0944-87-9919

営業時間:8:30~17:00

ホームページURL:http://www.shoukaikyou.com/

 

≪ 一覧へ戻る