Jサイト久留米

ウィーン美術史美術館所属 風景画の誕生

西洋美術史における「風景画」の誕生の歴史を、ウィーン美術史美術館所蔵の70点の絵画によって辿ります。

ハプスブルク家の豊かなコレクションには、同家が統治していたネーデルラント地方の、15世紀から17世紀にかけての「風景画」の黎明期といえる作品も数多く、また、ヴェネツィア派の画家ティツィアーノなどイタリア・ルネサンスの巨匠の作品も含まれています。

【画像】ヨアヒム・パティニール 《聖カタリナの車輪の奇跡》 1515 年以前    ウィーン美術史美術館蔵

場所 石橋美術館 10:00-17:00

料金 一般1,000円(800円)、シニア700円(500円)、

   大高生500円(400円)、中学生以下無料

   ※()内は15名以上の団体料金

   ※シニアは65歳以上

休館日 月曜日

ほとめきの街久留米より抜粋

≪ 一覧へ戻る