特集ページ

J-site九州オープン記念 エリア紹介

大牟田市(おおむたし)は、福岡県の最南端にある市です。九州の中部に位置し、西は有明海に面しています。みやま市高田町(旧三池郡高田町)や熊本県荒尾市、玉名郡南関町、同郡長洲町を含む独立した都市圏(大牟田都市圏)を形成しています。
現在では福岡県の自治体では5番目に人口が多く、保健所政令市の一つでもあります。
かつては三井三池炭鉱の石炭資源を背景とした石炭化学工業で栄え、1959年(昭和34年)には最大人口208,887人を誇りましたが、エネルギー革命などにより石炭化学工業は衰退。同炭鉱が1997年(平成9年)3月に閉山してからは、廃棄物固形燃料(RDF)発電施設を中心とした環境リサイクル産業などの新興産業(エコタウン)や、立地条件を生かした大牟田テクノパーク(工業団地)への企業誘致などに力を入れています。
現在の市の公式キャッチフレーズは『やさしさとエネルギーあふれるまち・おおむた』。以前は『九州をつなぐ多機能都市・おおむた』でした。
2007年フォーブス誌「世界の最もきれいな都市トップ25位」に選定されました。ちなみに1位はカルガリーで、アジアでは大牟田を含む日本の3都市(勝山9位、神戸25位)が選ばれています。
毎年7月下旬に行われる大牟田夏まつり「大蛇山」には、毎年40万人ほどが訪れます。歓楽街としては新栄町・浜町・本町・大正町・中島町にかけて、大牟田市の飲み屋の7割以上が立地する歓楽街を形成しており、特に大正町には数階建ての雑居ビルが多く立地して、週末には多くの客で賑わいます。

 
 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

特集ページ一覧へ

ページトップ